忍者ブログ


遍満
時間と空間では、時間のほうが陽性で空間が陰性になります。広がりがありますからね。

心と身体では、心のほうが陰性ですが、それゆえに心は陽性を引きつけやすい。

陽性な生活、陽性毒の多いものを食べていると、心の陰性が消えるので、いろいろ問題が生じると考えられます。

ですから、心に諸問題がある時は、

陰性な食べ物をふやせばよろしい。

発汗も心身を陰性にします。


さて、

密教には、

「遍満している」

という表現が多く使われます。


『十住心論』には

近くして見難きはわが心

細にして空に遍ぜるはわが心なり

わが心広にしてまた大なり

とあり、

僕らが修法する金剛界の次第には、

すべてのものは自分の心から生まれ、
 
幻のような迷いの世界も、

虚空界に遍満している諸仏によって目覚めさせられる

と。



宇宙に、虚空に、いたるところに、

宇宙の真理、それは仏法のことですが、

大日如来が遍満している 。

なのに、それに気がつかない

如来の智慧と慈悲に包まれているのに気がつかない。

気がつかないのは、自我があるから。

自我はそれと自分との間に仕切りを作りますから。

で、

大日如来は心の中に住んでいます。


仏とは誰のことか

自分の本心の名である(『慕仙詩』)


仏とはもとより備わっている自分の心の徳である(『中寿感興詩』)


とあるように、
 
大日如来とは自心である、といって良いでしょうから、

心もあらゆるところに遍満しています。


僕は今ここにいて、遠くの人を思うことができ、

過去を思いだし、 未来を創造することができます。

かように心は遍満している。

 
当然、僕の心と他の心も同じ大日如来で、同じように遍満して溶け合っていますから仕切りが無い。

仕切りが無いから平等である。

せめて一時でもいいから、

それに気がつけるような毎日にしたいものです。





極楽世界は自分の心の中にあるのである

悟りの境地は本来的に我々の心の中に在るものである(『造曼荼羅願文』)


仏さまはどこにおられるか。自分の身体の中におられる。

法をさとるものは誰か。わが心である(『供三宝願文』) 


この宇宙より広く大きいものはわが心

かの宇宙間に最も尊いものは自身中の仏である(『平城天皇灌頂文』)


諸仏は宇宙そのものであるから、わが身はその中心にいるのである。

自分も宇宙そのものであるから、諸仏は我々の中におられるのである(『理観啓白文』)


大日といっぱ、此れ衆生の本覚なり(『雑問答』)


 
PR


[ 2016/01/08 10:11 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 風邪の雑談  |  ホーム  |  ともに拝む >>