忍者ブログ


霊魂と治病
父が 

お前はいくつになったんだ? 

と毎日5回くらい僕に聞く。 

   52だよ。 

そうかあ、花盛りだな。 

   ん? 

それはそうと、ナオさんはいつ来るんだ? 

  来週だよ。 

早く一緒になれよ。 あの娘はとてもいい子だぞ。 

お前も、歳なんだから、そろそろ決めろ! 

オポチュニティは毛が三本だからな。 


この、最後のひとことがよく分からない。 

「オポチュニティ(opportunity)は毛が三本」 

初めて聞いた。調べたけれどわからない。 


この機会を逃すな、もたもたするな。 

というような意味らしいのだけれど。 

僕の料理はお茶漬けに毛が生えた程度のものだけれど、そういう使いかたではないみたい。 

ご存じのかたがいらっしゃいましたら教えてください。 




それはさておき、 

お大師さんの『十住心論』巻第一には 

「身病多しといえども其の要は六つ、四大鬼業是れなり。心病多しといえども其の本は唯一つ。いわゆる無明これなり」 

「四大の乖けるには薬を服して除き、鬼業の祟りには呪悔をもって能く消す」 

とあります。 



病気の原因は 

四大(地・水・火・風から構成されている肉体)の不調 

鬼 

業 

の六つ。 


四大(肉体の不調)には薬や食事で 

鬼は呪法で、 

業の報い(行いの悪さ)は懺悔で 

治します。 


そして、 

誤った行いが原因の病気には、自然な生きかたと心の改めによらなければ治らない 

ということです。 


この中で「鬼(き)」について、 

『蘇婆呼童子経』や『摩訶止観』などでは、 

天魅 アシュラ ケンダラ カロダ キンナラ ヤクシャ などの、いわゆる霊魂と考えられている魔物が、身体に入るから病気になる 

としています。 

これらの魔は、 煩悩魔や五蘊魔という「執着する心」のこと。 

なぜそれらの魔物が病苦を与えるのか、というと、 

人の過ちを伺い求めるため 

いつも怒っているため 

煩悩が盛んなため 

くだらないうわさ話にうつつを抜かしているため 

など。 

その治療法は、『蘇婆子童子経』、『准胝陀羅尼経』などに、多くの真言や印契で行う修法が伝えられています。 



しかし、お大師さんの言う「鬼」は 

「怖れの意識」 

です。

これが病気の原因である、と。 


それに気がつかないと、理解不可能な何かに原因を求めようとする。 


人の厄難を救うこと。怖れなき状態にしてあげること。こわい思いをさせないようにすること。 

恐怖心を取り除いてあげることは、無畏施という最良の布施になります。 



__________________________________ 


※直接お会いして望診、個人相談ご希望のかたは、下記の日時に可能です。 

6月22日(日)午前9時~11時 姫路 

7月10日(木)午前9時~11時 新横浜 

お気持ちのあるかたは、ご連絡ください。
___________________________________ 

※棚経(お盆の供養)ご案内 

当庵では例年、ご連絡いただいた御家庭へお盆の供養に伺っておりますが、本年は下記の日程でお参りいたします。ご希望のかたは下記の日程のうち、ご都合のよろしい時間をご相談ください。 

当庵での供養をご希望のかたは、精霊名(先祖代々、ご戒名など)をご連絡ください。 

拝んだ後、証文(供養のしるし)をお送りします。 

ご質問等ありましたら、どうぞお問い合わせください。 

・7月盆   14日(月), 15日(火) 

・8月盆    1日(金)~ 5日(火) 
  
 それぞれ午前9時~午後4時までの間 


〒329-0412 
栃木県下野市柴762-14 眞天庵 須永晃仁 
TEL・FAX: 0285-35-4901 
Mail:gbqmk185@ybb.ne.jp 


PR


[ 2014/06/13 17:17 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 数珠の話  |  ホーム  |  何を見ているの? >>