忍者ブログ


願いをかなえる
揚げ油が余ったので、

高野とゴボウを素揚げして残り油を無くし、生姜と煮込む。



ビシソワーズを作りすぎたので、カレーに変身させる。




このようなリサイクル料理は 、

迷いを智慧に、

煩悩を覚りに変えることと似ている。

心をリサイクルするのが転迷開悟のひとつ。


それはさておき、

昔の戦争は領土領地を広げるためだったのに、最近はただの人殺しになっていますね。 

そんな戦争を、たぶん儲かるからか、やりたい人がいて、

平和な世の中を願う人もいる。


これは、

商売繁盛や合格祈願などと似ています。

こちらが儲かれば、どこかで儲からない人がいて、

僕が合格すれば、誰かが不合格になる。

ということは、

 他人の失敗や損失を願うことになります。

全員がお金持ちにはなれず、

全員が合格できないように、

戦争を無くして平和になることは難しい。

なぜなら、

これらは両立不可能、且つ二者択一不可避だから。

これは津田真一博士が、

『大日経』と『金剛頂経』の関係について使う言葉です。

こういう類の願いは、

そのためにうーんと努力して、

かなわなければそれまでのこと、

と思うべきかもしれない。


でも、

自分の心身に関する願いは、努力工夫すれば必ずかないます。

宗教、特に仏教は身病と心病を治すもので、

初期仏教では、

「身心の一切について無常の事実を知り、自分の心身を厭う思いを起こし、心身のうえに起こす喜や貪の心を価値のないものと斥ける」

などの修行によって病を治すとしています。


身病については、律蔵の経典や『金光明最勝王経』に見られ、

心病の治しかたは、

『三昧耶戒序』や『十住心論』に詳しい。

仏教が得意とするのは、

栄養学、薬物学、断食を含む食事療法、精神身体医学などと、

ヨーガ経典にもとづく坐法、調息、保息、凝念、静慮、自律訓練法

ですが、

特に、心病の根本原因は根源的な無知なので、

それを消せば、心の平和を得ることができます。


具体的には、

自分にとって最良の道を求める瞑想

やさしさと思いやりを育てる慈悲の瞑想

自分の心を実の如く知る瞑想

の三つ。


心の平和がかなえば、苦しみ、迷い、悩みといった心の病気は改善し、

常に楽観的積極的で明るい思考になり、

もし、ひとりでも多くの人がそうなれば、

戦争がなくなり、世界が平和になる可能性はあります。



PR


[ 2017/07/19 10:02 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 裏の山でオニムシ捕りをしていたら、らいさまが来た。  |  ホーム  |  Is this the life we really want? >>