忍者ブログ


食後の話
本日お不動さんの縁日でございまして、皆様のご祈願平安をお祈りいたしました。


さて、昨日の続き(伺った場所は都筑)


・冷え

冷え性にも陰陽がありますが、多くは陽性な冷えです。

陽性なものを多く摂っていたり、陽性な環境にいたり、陽性な生活をしていると、その陽性で血管が締まり、血行が悪くなって冷える。

また、陽性なものが多いと血が濃くなり、動物性食品などではコレステロールが多くなり、血が粘っこくて血行が悪く冷える。

陰性な冷えの場合、顔が青白く、おしっこが多くて色が薄く、元気がない、など他の陰性症状もあり、お風呂に入っても運動をしても温まらないでしょう。


発汗、入浴は陰性になりますから、陽性な冷えには有効。

陰性な料理、陰性な飲み物で血行を良くすれば冷えは改善すると考えられます。



生姜湯は陰性です。

基本的に香りが強いものは陰性。

生姜は抗酸化作用や抗炎症作用があり、その陰性で殺菌力もあるので、手当によく使います。

外用にすれば、その陰性な力が血管を広げて血行を良くし、

生姜の入ったものを飲めば、同じく血行を良くし、陽性を溶かします。

生姜は身体を温めるのではなく、その陰性で発汗させて血行を良くし、体温を下げます。

辛味は総て身体を冷ますので、暑い時暑い地方で好まれます。

最近は陽性な人が多いので、上記のように陽性過多(締まり過ぎ)で身体が冷えているから、生姜で血行が良くなり、温まるのでしょう。

でも、量が多すぎると、冷えすぎて逆効果になります。

料理で生姜を使う場合、

陰性なので、生姜を入れれば身体にしみこむ力が強くなります。



・水分

水分を摂りましょう

と言われても、そんなに飲めるものではありません。

単純に水分を摂ればお腹も冷えます。


水分を摂る、ということは陰性にする、ということ。これも陽性な人には良いのでしょう。

ただ水を飲むのではなく、

鍋料理、スープ、リゾット、雑炊、煮込みうどんなど、水分の多い料理にすれば、お腹を冷やさずに陽性を溶かすことができます。

乾物の出汁を使うことがとても有効。



・リラックスできない時は、

親指を握ります。

手を仰いで膝に置きます。

腹式呼吸で息を糸のように吐きます。

 
仏像のお姿で

腕を下げ、指先を下に向けて掌をこちらに見せるのは与願。

願をかなえますよ、と。
 
手を上げ,指を伸ばして掌を見せる形が施無畏。

畏れ不安を取り除きますよ、と。

こういう姿は心をリラックスさせます。

右手はお腹、左手は背中につながっているので、何事も両手を使えば、腰と肚が安定して落ち着きます。

片手は不安定。



・塩分

味噌汁や梅干しで塩分の取り過ぎ

ということは基本的に無いでしょう。

過剰な塩分は味覚が拒否します。

もっとも、

阿呆の三杯汁とか、

居候、三杯目にはそっと出し

などと言うように、おかわりは2杯までが行儀がいい。


アミノ酸などの添加物が多い場合、

その旨味は塩気で引き出されるので、添加物が多いほど塩分も多く摂る傾向があります。

もっと塩分過剰になるのが動物性食品。

それらは塩や醤油を使わなくても、元々塩分がありますから。


魚や肉を食べる場合、

それらはずいぶんと陽性なので、陰性な野菜やキノコと一緒に料理すればバランスがとれますが、

砂糖やアルコールの陰性でバランスをとると、

繊維が少なく脂肪が多いので排毒がうまくいかない、

リンなどの身体を酸性にするものが多いので、体調が傾く

などが考えられます。


・花粉症

花粉症の時期ですが、

花粉は陽性な形をしており、症状も比較的陽性なので、陽性体質の人や、陽性なものを食べていると症状が強くなると考えられます。


食養手当て法では

大根湯を飲んで塩番茶で鼻を洗う 。

大根湯は陰性なので朝飲みます。

これを一週間続ける。
 

仏教医学では、

断食と水行(沐浴)
 

薬剤師のスガノさんの方法はとてもいい。

お腹と内側くるぶしの上三陰交を温めて、その人にあった漢方を飲む
http://www.shu-herb.co.jp/kanpou/2015/02/post_979.html

それから、

花粉症の人はひざ裏など、足の白い部分を柔らかくするといい。

そんな話がでた食後でした。


PR


[ 2015/02/28 08:09 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 8-1、供養  |  ホーム  |  カブとウドとゴボウと >>