忍者ブログ


香り
手や顔の写真がメールで送られてきて、それを見て何か意見を求められることがあります。

陽性な人ほど、コーヒーやハーブなどの芳香性の高いものを好んで、その結果、頬の陰性な部分にシミができることがあるようですね。

芳香性があるのは陰性である、ということですが、ネギなど野菜の香りと違い、コーヒーなどはphが酸性なので、量が多いと皮膚が酸化するのでしょう。

香りが強いものを好むのは陽性だからです。

それほど陽性でない人は、強い香りが苦手。



料理で、

魚に生姜わさびネギ

肉にニンニクコショウ

など、陽性なものと香りの強い陰性なものとでバランスを取るのも同じ。




仏教では五辛など香りの強いものを避ける食蒜戒があります。

これは

習慣性があるために修行僧らが食べ過ぎるから (『四分律』など)

臭気が強く信者たちから嫌悪されるから (『五分律』など)

これらは熟したものを食べれば淫を発し、生のものを食せば怒りを増し、修行の妨げになるから (『楞伽経』など)

などが理由の戒で、


五辛の内容については、

ニンニク、ヒル、生姜、行者ニンニク、ラッキョウ、ノビル、ワケギなど、

経典によって違いがあります。


いずれにしてもみな陰性で、辛味がある。

強い陰性は発汗を促し体温を下げますが、その量が多いと陽性な怒りや性欲などの感情を引き起こす可能性があります。

また、内にこもった陽性が、それらの陰性によって排毒されるときに、怒りや性欲が発散されるとも考えられます。

陰性は陽性毒を溶かし、辛味は脂肪を溶かし、芳香性の高いものは殺菌力もあるので、肉魚油料理に使うのはとてもいい。


豚肉と玉ねぎはよく合いますが、

陽性な豚肉に陰性な玉ねぎが合い、

玉ねぎの陰性で陽性なコレステロ-ルを溶かすので相性がいい。

ちなみにトマトの酸味は肉のタンパクをよく溶かすので、トマトと料理するのもいい。


食養で高血圧に玉ねぎをよく使うのも、同じ理由です。


陽性な風邪の流行る時期に、香りの強いものは合うのでしょうね。



PR


[ 2014/02/14 14:58 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 俗から聖へ ・ パワースポットの作りかた  |  ホーム  |  日常生活の開眼 >>