忍者ブログ


駆虎呑狼の計
毎日誰かがきゅうりピーマンなすを持ってきてくれる夏本番。

毎日ぬかづけ10本づつ食べても追いつかない夏本番。

次男のテニスの試合を観て、僕もすっかり陽に焼けて夏本番。

試合は声がデカいほうが勝ちます。

人生も声がデカいほうが勝つことが多い。

デカさにも質があるけれど。


陽性な夏に陽性な食事をしていると陽性な熱中症になりますが、夏前に48時間の塩抜きをしたので心地よい夏本番。


それはさておき、

マエハラくんは政権の座を狙っているのだけれど目障りなヤツが二人いる。

そこで、そのひとりであるノダ君に使者を向け、

オザワくんがキミのことを攻撃しようとしているから気をつけたほうがいいよ

と伝える。

同時にもうひとりの目障りなヤツ・オザワ君のもとにも使いを送り

ノダ君があんたのことをバカにしているよ、今のうちにぎゃふんと言わせたほうがいいよ。

とけしかける。

ノダくんとオザワくんが戦いで消耗しているスキを狙って、タニガキ君が二人の根城に入る。

邪魔者がいなくなったマエハラくんは・・・・・・



インターネットには多くの情報があります。

「なでしこが2対1で勝利!」

なんていうのは疑う必要のない嬉しい情報ですが、そうではない性質のものも多い。

そういう類はまず、理論的に正しいかどうかを考えたほうがいい。

この情報は他人を傷つけることが無いだろうか。

この情報はウラをとったの?

現地で事実を確認したの?

見えない、聞こえないくらい遠くから勝手なことを言っているのではないの?

そういうことを確認するのが良識です。



原発は僕も無いほうがいいと思うし、今回の事故は人災だけれど、その後の情報も人災になっています。

未確認や間違いの情報が、無自覚にリンク・シェアされ広まって、そのために職を失ったり、ノイローゼになったり、人生や家庭の幸せが壊されることもある。



政府東電マスコミはウソをついている、隠し事をしている、という人は多く、僕もある程度そう思います。

というか、大人の世界ではそんなのあたりまえです。

でも、それ以外の人は正直で本当のことしか言わない、なんて無邪気なことを僕は思っていない。

当地の子らに異常がないと困る人たちもいるようで、マエハラ君みたいな情報を流す人も少なくない。

いや、もちろん、マエハラ君というのは架空の人物ですが。



たくさんの情報があるのだから、調べるのもそんなに難しいことじゃあない。

右から左へ情報を垂れ流す、なんてことはやめた方がいい。少しは考えて、調べて、確認して、というのが大人です。人の道です。

いつかどこかで、また同じように嫌な思いをする人が出ないようにしたい。




※8月23日、横浜の講座にあさひ整体センター・厚美先生が来てくれます。リンパマッサージのスペシャリスト。いろんなお話聞けます。
PR


[ 2012/07/28 08:58 | 米ぞうの家 ]



<< あの戦争を読む。  |  ホーム  |  イヤダカライヤダ >>