忍者ブログ


108回目のプロポーズ
カレーのとろみをつける方法はいろいろあります。

玉ねぎやトマトを煮込む、

炒り玄米や地粉やリブレフラワーを溶かす

などなど。

こんな方法もあります。


昨日のそうめんが残っていたので、それを菜種油で軽く炒めてから、お揚げとシイタケ出汁を加え、カレー粉と薄口しょうゆで煮込んでカレーソースの出来上がり。



ジャガイモや玉ねぎと合わせて野菜カレー




僕は料理の本を3冊書いています。
http://www.hakushindo.jp/store/products/list.php?category_id=37

この本を3冊とも読んで、さらにお友達3人へその本を勧めて買ってもらってください。

そうすると、料理が上手になり、健康と幸福が得られるでしょう。


KFの科学などはこういうやり方らしい。

で、改善の兆しが見えないのだけれど、と相談がきます。



宇宙法則研究会から『宇宙の秩序と陰陽』が届きました。

大森一慧さんが、故大森英櫻先生の遺稿からその骨子をまとめたもの。

とても素敵な冊子ですが、一般には流通しているのかしら。


世の中何でも、小さい陽性と小さい陰性がくっついたり離れたりして変化していますが、大きな陽性と大きな陰性は、互いの力が強いのでくっつくとなかなか離れない。


そういうことに気がつくと、いろいろうまくいく、ということが書かれています。




10年前に、密教に伝わる八千枚護摩供という作法をするために小さな護摩堂を作りました。

三週間で63回の護摩を焚き、真言を30万遍唱えて拝みます。

その八千枚の後、月例で護摩を修法してきましたが、当地福島県郡山で修するのも昨日が最後。

奇しくも108回目の護摩。9年×12か月。こういう偶然は何だか嬉しい。



あなたに遇いたい、いつも僕のそばにいてほしい、ずっとあなたのお給仕をしていたい、寝ても覚めてもあなたのことばかり考えています。

拝むとはそういうことでもあります。



googleドライブでファイルを共用にしましたので、関心のあるかたは料理教室などの参考にしてください。 (word文書です。適宜編集してお使いください)


※アレルギーと花粉症のメニュー例、症状の望診法など①
https://drive.google.com/file/d/0B3kBmho9B7ckY0JEbXdKYXZOR3M/edit?usp=sharing


※メニュー例②
https://drive.google.com/file/d/0B3kBmho9B7ckdHJwQThoOHJYRnM/edit?usp=sharing


仏事仏教の相談は
電話:024-955-5370

その他お料理関係は
電話:090-6257-1472

へお願いします。

PR


[ 2014/03/29 07:15 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< レシピはいかが。  |  ホーム  |  変化する運命 >>