忍者ブログ


道草 永田町編
本日朝5時より、納めの不動明王護摩供を修法し、皆様の平安をお祈りしました。

「2017年 ご祈祷のご案内」
http://shintenan.syoyu.net/%E7%9C%9E%E5%A4%A9%E5%BA%B5%E4%BB%8F%E6%95%99%E5%A1%BE%E3%83%BB%E5%AF%86%E6%95%99%E5%A1%BE/%E7%A5%88%E7%A5%B7%E3%81%AE%E3%81%94%E6%A1%88%E5%86%85  


さて、

ちょっと調べたいことがあり、国会図書館へ。

地下鉄半蔵門線に乗って永田町へ。

ここを走っている8000系は僕の好きな車両。



千代田線の6000系や有楽町の7000系と似ているけれど、ちょっと違う。

以前は帝都高速度交通営団、略して営団地下鉄と云う立派な名前だったのだけれど、

最近は東京メトロなどと軟弱な名になっているのが気に入らない。


永田町下車、2番出口を出ると国道246号国会図書館前交叉点。

国会議事堂の裏。議員会館と反対側に民進党のビルが見える。

霞ヶ関にはカンリョーという魍魎が住んでおり、

ここ永田町にはセイジカーという妖怪がいるらしい。 


東の皇居方面に歩いてすぐ、左側が国会図書館。

新館で利用者手続き。

IDカードを作ってもらい、館内でもインターネットでも、このidで検索できる。

本館へ行くと、端末がたくさん並び、大勢の人が調べたり勉強している。 ものすごく広い。

僕が探している本は貸し出し不可で、デジタルデータを画面から読む。

画面から必要なページを端末から複写依頼。資料のトリミングや色の濃淡も指定できる。

プリントアウトカウンターで料金を払って受け取る。

支払いはSUICAでもEddyでもnanacoでも、いろいろ可能。


欲しかったものが手に入るのは、それがコピーでもとても嬉しい。

大切に抱えて外へ出る。

今回は利用しなかったけれど、ここの食堂はかなりすごいらしい。

国会丼や国会カレー、富士山盛りそばなど、豊富で楽しいメニューが安い価格で食べられる。

もちろん、誰でも使える


永田町から半蔵門線に乗り錦糸町まで。

南口へ出て、丸源へ。

店内は立ち食いそばゾーンと立ち呑みゾーンがあり、二階には普通の食堂もあるみたい。

立ち呑みカウンターでは、昼でも大勢の人が飲んでいる。メニューは豊富。ちゃんと板さんがいる。

近くに場外馬券売り場があるからか、というわけでもなく、老夫婦や若いカップルもいる。

熱燗を一本だけ飲み、

スーパーでがんもどき、焼き豆腐を買って帰宅。

夜はおでんをつくった。 






PR


[ 2016/12/28 13:40 | Comments(0) | 道草 ]

コメントを投稿する






<< 送料有料  |  ホーム  |  如来の怒り >>