忍者ブログ


道草 池袋編
何年か前、

お世話になっている先輩と池袋北改札にある「いけふくろう」で待ち合わせをした。

このフクロウ像は栃木の芦野石である。

先輩と奥様と3人で、西口の酒場「ふくろ」で飲んだ。

ここは朝から飲める店だけれど、夜勤明けの人が多く、携帯禁止、口論禁止、泥酔禁止の店なので客層が良い。

冬は湯豆腐がうまい。

都内の酒場では、

上野の大統領、錦糸町の丸源とともに僕のお気に入り。


僕は高卒後、上京して小田急沿線の学校に通ったので、新宿にはなじみがあったけれど、池袋はあまり知らなかった。

池袋は立教の街で、

寄席があって、

どちらかといえば汚い危ない街

と思っていた。

それに、

池袋を起点とする東武、西武より、新宿の小田急のファンだった。


 東のサンシャイン60、西のメトロポリタンができてから、池袋の印象が変わった。おしゃれになったような気がする。


就職して3年目、仕事場が池袋になった。

東口のビル、NTT関連会社のマシン室で、M380という大型コンピュータのOSを担当。

だから、昼ごはんも夜の一杯もたくさん通ったのにあまり覚えていない。

一軒だけ、西口の立ち食いそば「君塚」が印象に残っている。

ここは新宿思い出横丁の「かめや」とともに、レベルが高い。


東京23区内には、地面に立つ赤い丸ポストが3本ある。

帝釈天門前、 両国江戸東京博物館前、上野下町風俗資料館前。

池袋西武7階の簡易郵便局には、ビルの中に丸ポスト。

ハウス栽培とか、家の中で飼うペットのような感じがする。


会社を辞めて高野山に上ることにした時、

職場の上司、先輩、同僚が毎日飲みに誘ってくれた。

応援してくれる人、引き止めてくれる人、うらやましがる人、それぞれだったけれど、

僕を気にしてくれていることが嬉しかった。

ある日、店から出てサンシャインを見上げると、

雲につきささるように上階は隠れていた。





PR


[ 2017/05/24 06:56 | Comments(0) | 道草 ]

コメントを投稿する






<< はじめました。  |  ホーム  |  鬼と業 >>