忍者ブログ


心の所在Ⅵ:望診法で見る心
心は脳という物質の「働き」なので目に見えませんが、その働きは身体の各所に現れます。


手相では、
 
小指に心臓と婦人科系、免疫系の状態が現れます。

それにより、

小指を観れば興奮しているか落ち込んでいるか、

イライラしているか冷静か

病気に弱いか強いか

ということがわかります。


中指には脈の状態が現れますが、

それにより、心の動揺などが見て取れます。

掌中心にも心臓の状態が現れるので、落ち着いているかどうかがわかります。


人相では、

目で肝臓の状態、つまり怒りと忍耐力
 
耳で腎臓の状態、恐怖と勇気

口で胃腸の状態、不安と理解力

がわかります。

また、

顔の形で心の陰陽を、

法令線で足が地についているか、浮き上がった性質か

鼻梁(鼻の曲がり具合)で、前向きか後ろ向きか、楽観的か悲観的か

ということがわかります。




「心の所在Ⅴ:陰陽で見る心」
http://shintenan.syoyu.net/%E7%B1%B3%E3%81%9E%E3%81%86%E3%81%AE%E5%AE%B6/%E5%BF%83%E3%81%AE%E6%89%80%E5%9C%A8%E2%85%A4%EF%BC%9A%E9%99%B0%E9%99%BD%E3%81%A7%E8%A6%8B%E3%82%8B%E5%BF%83



「心の所在Ⅳ:密教の心」
http://shintenan.syoyu.net/%E7%B1%B3%E3%81%9E%E3%81%86%E3%81%AE%E5%AE%B6/%E5%BF%83%E3%81%AE%E6%89%80%E5%9C%A8%E2%85%A3%EF%BC%9A%E5%AF%86%E6%95%99%E3%81%AE%E5%BF%83


「心の所在Ⅲ:心王と心所」
http://shintenan.syoyu.net/%E7%B1%B3%E3%81%9E%E3%81%86%E3%81%AE%E5%AE%B6/%E5%BF%83%E3%81%AE%E6%89%80%E5%9C%A8%E2%85%A2%EF%BC%9A%E5%BF%83%E7%8E%8B%E3%81%A8%E5%BF%83%E6%89%80


「心の所在Ⅱ:仏教の心」
http://shintenan.syoyu.net/%E7%B1%B3%E3%81%9E%E3%81%86%E3%81%AE%E5%AE%B6/%E5%BF%83%E3%81%AE%E6%89%80%E5%9C%A8%E2%85%A1%EF%BC%9A%E4%BB%8F%E6%95%99%E3%81%AE%E5%BF%83
PR


[ 2015/10/12 09:13 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 心の所在Ⅶ:迷う前の心に戻る  |  ホーム  |  心の所在Ⅴ:陰陽で見る心 >>